技術

水転写プリント「立体曲面コーティングプリント」

1. 応用範囲

従来のスクリーンプリント、転写プリント、熱転写プリントでは克服できなかった複雑な造形や死角に応用できます。各種材質に適用でき、製品の美しい光沢ある外観表面を普遍的に維持することができます。印刷された製品は防水が施され色落ちせず、製品の付加価値と外観価値を高める、高品質の転写プリント技術です。

                                                                        

2. 応用原理

特殊処理の高分子薄膜でカラーラインをプリント後、水槽表面に平らに放ち、水圧の原理を利用して模様と色を各種形状の製品に転写プリントします。製品の表面を均しく覆い、洗った後、透明塗料を塗ると、製品には新しい現代的なビジュアル効果が出現します。

3. 水転写プリント技術の流れ

a. 転写プリント:水溶性薄膜を先に必要な図面に印刷します。 b. 活性化:特殊溶剤で薄膜の上の図案をインク状態にします。

                                                                      

 

c. 転写プリント:水圧を利用して図案を印刷する物体の上に転写プリントします。

                                                                     

d. 水洗い:残留の薄膜を水で洗います。

                 

e. 乾燥:印刷された物体を乾燥させます。

f. ラッカー:透明塗料を表面保護のため吹きかけます。

>>関連設備情報+