最新消息

遠心鋳造の方法は、金属液を回転する鋳造金型内に流し込み、遠心力の作用で、金属液を鋳造金型の内部に緊密に貼り付けるというものです。鋳造金型の回転と共に、金属液が徐々に凝固し、管状の鋳造物になります。遠心鋳造で用いる鋳造金型の大多数が鋼、鉄または石墨から作られています。主に管状または筒状の鋳造物の製造に用いられます。特に長方形の鋳造管を遠心鋳造の方法で製造すると、大きい鋳型芯がなくとも、厚みの均一な円管鋳造物を作り出すことができます。

>>更に理解するために+