技術

重力鋳造機の応用

  • 重力鋳造機は主に小型鋳造物に応用されています。特性:

    製品の表面、光沢加工の特性。

    更なる機械特性。 

    機械化生産、高い良率。

    従来の砂鋳造と比較して、材料使用率が高い。

    材質は幅広く、アルミ、銅など。

    お客様の応用範囲:1.水用金属、2.機械部品など。

    重力鋳造で用いられるかな方は金属金型、石墨金型や特殊金型で、その他圧力は使用しません。

    永紘精密機械(Yung Hung Precision Machinery Co.,Ltd.)は、お客様の生産設備を考慮し、重力鋳造機を研究、製造しました。金型の最大直径と金型の最大重量に基づき、DC-450とDC-600の2種類の機械を送り出しています。全てタッチパネルと液圧バルブLED表示を採用しており、品質に優れ、操作が簡単。絶対的に御社の鋳造設備として最良の選択です。>>関連設備情報+